メインイメージ画像

医療の一つである歯科にて行われる3つの治療について

メジャーな外科や内科から特殊な専門科まで医療には色々な種類がありますが、その1つに歯科があります。歯に関わる医療分野なのですが、そこでは3つの事を主に行っています。

まず1つ目ですが、もちろん歯の治療全般です。人によっては痛みがなくても病んでいる事があります。近年、歯周病が問題視されていますがそれはかなりの衝撃を伴うのです。それを何もしない状態でいると、傷口が化膿してしまって、体の様々な箇所に対する不具合が発生する事もあります。

最悪は、歯が1本抜けてしまう事もあるのです。そういった歯の不具合に対する治療が行われる訳ですが、大抵の歯科医院では麻酔を用います。そのまま治療を行うとかなりの痛みを伴う事が多いのでそれを抑えるために麻酔を使う訳ですが、その効果の大きさなどは様々です。その効果が大きな病院もあれば、そうとはいえない病院などもあるからです。ですから、歯の治療が完了するまでの期間も、歯科によって異なります。治療の完了が数ヶ月前後になる歯科医院もあれば、数年間かけてようやく治療が完了する病院など様々です。

2つ目ですが、歯並びなどに関わる矯正です。人々の中には、歯並びが良くない方も見られます。それでは見栄えに問題があるので、歯並びの調整を行っている歯科医院なども幾つかあります。いわゆる矯正歯科という言い方が用いられる事が多いです。ちなみにその調整でも、前に述べたような麻酔が用いられる事があります。

そして3番目は様々な指導や相談です。人によっては、歯に対する不具合を事前に防止をしたいと考えている方もいらっしゃいます。歯が痛くなってから治療を受けるよりも、不具合が出る前の方が望ましいと思っている人が多く見受けられます。つまり、予防のためのアドバイスを求める方が多くいらっしゃる訳ですから、歯科医院はそれに関する相談も受け付けています。ですから、一部の歯科医院ではブラッシングの指導を行っている事もあります。